30代におこりがちな肌トラブルを防ぐには基礎化粧品の見直しが必要

ウーマン

肌の老化を抑える第一歩

基礎化粧品

水分と油分の補給

30代の肌は20代のころと異なり水分と油分が大きく減少しています。このまま放置すると乾燥肌が進行し、シミやしわの要因となります。肌の老化も進行し、一度老化した肌を元通りに若返らせることは非常に難しくなります。肌の乾燥は、外的刺激となる紫外線や摩擦などに対するバリア機能を失っている状態と同じです。そのため細胞が傷つきやすく肌の老化を早めてしまうのです。30代では肌の老化の進行を食い止めるために早めに水分と油分の対策が必要になります。化粧品でも基礎化粧品を見直すことが大事です。基礎化粧品は肌に直接作用を及ぼす化粧品であるため、基礎からしっかりと対策を行う必要があるのです。基礎化粧品には肌の保湿が高いものを選ぶことが大事です。

刺激成分の少ないもの

保湿成分は様々です。特にセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは保湿効果が高い成分であるため、このような成分が多く含まれた基礎化粧品を選ぶことが大事になります。30代の肌は20代より敏感になっています。そのため基礎化粧品に刺激成分の配合が少ないものを選ぶことが大事です。刺激成分とは香料やアルコールです。配合されている量は化粧品によって異なりますが、このような成分の配合が少ないことと、できる限り使用する前にバッチテストなどを行うことをおすすめします。油分は乳液などで補います。30代の肌は乾燥しがちです。いくら保湿成分を補っても時間が経過すれば、水分は減少します。乳液などを利用し保湿した成分をしっかり守ることが必要です。