30代におこりがちな肌トラブルを防ぐには基礎化粧品の見直しが必要

ウーマン

肌の変化に合わせた化粧品

スキンケア

毛穴の目立ちを改善する

肌の質感がどんどん変わってくる30代からは、色々な肌トラブルが起こりやすくなります。毛穴が以前より目立ってきたと感じたら、肌の乾燥やたるみが始まっています。肌の潤いやハリを守る物質が少なくなってくる30代からは潤いやハリが低下してきて、セラミドやコラーゲンなどの肌に重要な物質が少なくなってきます。そのため、肌が乾燥して毛穴周りの皮膚が落ち窪みますから毛穴が目立ちやすくなります。また、毛穴の形が縦長になっていたらたるみによって毛穴が重力で下へと引っ張られてしまって、毛穴が目立ってしまいます。ケア方法としては、乾燥を防ぐために保湿力の高い基礎化粧品に変えてみましょう。また、コラーゲン不足を補える成分が入っている基礎化粧品だと、ふっくらとしたハリを取り戻せます。

低刺激な化粧品でケア

大人ニキビが増えやすい30代からは、肌荒れしないように基礎化粧品で肌のコンディションを保つのが大切です。肌の乾燥が進んでしまうと毛穴が詰まりやすくなり、部分的に皮脂が過剰分泌されてしまいます。また、バリア機能の低下によって花粉やほこり、細菌など、肌に刺激を与える物質の影響を受けやすくなりますから、基礎化粧品も低刺激なものを使うのが最適です。ホルモンバランスの崩れが起こりやすい30代では、生活習慣なども影響して大人ニキビができてしまいますから、食事や睡眠にも注意が必要です。スキンケアでは保湿をメインに考えて、肌の水分バランスを整えてバリア機能の回復に努めましょう。また、間違ったスキンケアは肌荒れの元になりますから、丁寧に刺激を与えないように行いましょう。